手賀沼・印旛沼サイクリングにて水辺環境をアッピール 2006/12/03

大会名:千葉ツインレイクサイクリング2006
開催日:平成18年12月3日(日)
主 催:NPOフレンドシップサイクル協会
特別後援:セオサイクル
後 援:我孫子市 柏市 佐倉市 印西市 成田市
協 力:LLPエコデザイン研究所 バイシクルエコロジージャパン 
    NPO法人とんぼエコオフィス プロショップタカムラ製作所
協 賛:大塚製薬(株) (株)ディノス 

コース: 千葉県手賀沼親水広場集合スタート                                    手賀沼-利根川-印旛沼-千葉ニュータウン-手賀沼 1周約87km
       参加申込み人数   130名

開催主旨                                               この大会の名前は千葉県の手賀沼、印旛沼、利根川を周回するコースにちなんでネーミングしたものです。その趣旨はかつて全国ワースト1の汚染で悪名をはせた手賀沼がいかに再生しつつあるか又どのような施策で改善してきたのか、利根川、印旛沼はどのような関わりをもっているのかなどを参加者の皆様に勉強して頂き、サイクリストの視線での環境問題を身をもって体験して頂くことです。
従ってこの大会は着順を競うのではなく、ただ単に87kmをサイクリングするだけでもなく、2カ所のチェックポイントである山田休憩所と北千葉導水ビジターセンターで環境学習をして頂きます。

NPO法人とんぼエコオフィスでは、本企画に賛同し、開催主旨である手賀沼・利根川・印旛沼の環境を参加者にアピールしました。

Tuinreikus1_1 Tuinreikus2_2

Tuinreikus3_1 Tuinreikus4_1                           

                         

Tuinreikus5_1 Tuinreikus6_1

2007-01-09 in 環境学習・総合学習 | Permalink

第13回ヤゴ救出作戦 雨でも盛況!小学校・幼稚園でも協力!

1994年からスタートしたプールでのヤゴ救出イベントは、今年で13回目を迎え、雨模様の船橋運動公園&薬円台公園ジャブジャブ池にて盛況に開催しました。また、今年は船橋小学校および健進幼稚園(船橋市丸山)のヤゴ救出にも協力しました。

■平成18年5月28日(日)10:00~12:00運動公園プールにて 

■平成18年6月11日(日)10:00~12:00薬円台公園ジャブジャブ池にて
_setumei _undoukouen2

_yukaku _undoukouen3

■船橋小学校にて・・地元消防団がプールの水抜きに大活躍

地元消防団の力強い協力でプールの水抜きが成功し、小学校2年生によるヤゴ救出が行われた。

_funasyou1 _funasyou2

_akiakane

★大きなギンヤンマを呼び寄せよう~プール終了後すぐに以下のような細工をしてください。写真参考

毎年9月、プールの利用が終わった直後、来年の実施に向けてギンヤンマの産卵場所となるマコモ類をプールに浮かべます。同時にヤゴのえさとなる土を一緒に投げ込みます。準備はこれだけで、後はプールのスタートする前の5月・6月を実施日に決めて、お誘いをして待つだけです。東京の足立区でも毎回300人以上の参加者が、ギンヤンマのヤゴをたくさん持ち帰っていますので、場所を選ばず成功する企画です。

_tuti_1 _makomo

2006-06-11 in 環境学習・総合学習 | Permalink

環境学習や総合学習のお手伝い

子どもたちが楽しんだ後の学校のプールは、
街中に住むトンボにとって、格好の水辺。
秋になると、色々なトンボが産卵にやってきます。
卵で冬を越し、春になると孵化しヤゴになり、何度も脱皮しながら、
羽化してトンボになるその日を待ちます。

プール掃除の前に、ヤゴを救出しようという運動は、
環境保全課の後押しを得て、あちこちの小学校に広まりました。
でも、水を勢いよく流しすぎて、ヤゴがみんな流れてしまったとか、
せっかくすくったヤゴが、トンボにならなかったりとか、
なかなか、思うようにいかないこともある様子。

トンボを育てる会では、学校へ出向いて、ヤゴ救出のお手伝いをしています。
ヤゴの採り方、飼い方、育て方などを子どもたちに説明し、
いっしょにプールに行って、ヤゴを探すお手伝いをしていると、
子どもたちからは、いろいろな疑問や質問が次々に出てきます。
「このヤゴはどんなトンボになるの?」「この赤い小さな虫はな~に?」
今でも昆虫少年のような、トンボを育てる会のメンバーが
それにひとつひとつ答えているうちに、
最初はおそるおそるだった子どもたちの手が、
いつの間にか、平気で泥をかき分けているのに気づきます。

大人になってから覗く学校は、とても新鮮で、楽しいところ。
プールの中は、自然がいっぱいの魅力的な場所でもあります。
子どもたちにとっても、地域の大人との触れ合いが、いい体験であってほしい。
そんな願いを込めて、地域の環境を考える活動を続けていきます。

●6月10日(火)市内のG小学校へ
講堂で、1、2年生に、写真を見せながら、トンボやヤゴのことを話す
gakusyu1

プールの中にはたくさんのヤゴ!半数以上がギンヤンマのヤゴだったので、子どもたちは大喜びでした
gakusyu2

●6月日9(月)市内のT小学校へ
2年生に、「どうしてプールの中にヤゴがいるのかな?」と質問すると、しばらく考えた末に、「トンボが産みに来たんだ~!」と、男の子!説明の後、先生の合図で、プールの中へ・・・
gakusyu3

去年はギンヤンマのヤゴがたくさんみつかったT小のプールだったけれど、今年は、残念ながら、ギンヤンマはゼロ。でも、みんな楽しそう~!!
gakusyu4

2004-08-31 in 環境学習・総合学習 | Permalink