« 【全国都市再生モデル調査事業№5】汚泥と水草の堆肥化実験 | メイン | 緑のカーテン応援団に参加しました。 »

手賀沼・印旛沼サイクリングにて水辺環境をアッピール 2006/12/03

大会名:千葉ツインレイクサイクリング2006
開催日:平成18年12月3日(日)
主 催:NPOフレンドシップサイクル協会
特別後援:セオサイクル
後 援:我孫子市 柏市 佐倉市 印西市 成田市
協 力:LLPエコデザイン研究所 バイシクルエコロジージャパン 
    NPO法人とんぼエコオフィス プロショップタカムラ製作所
協 賛:大塚製薬(株) (株)ディノス 

コース: 千葉県手賀沼親水広場集合スタート                                    手賀沼-利根川-印旛沼-千葉ニュータウン-手賀沼 1周約87km
       参加申込み人数   130名

開催主旨                                               この大会の名前は千葉県の手賀沼、印旛沼、利根川を周回するコースにちなんでネーミングしたものです。その趣旨はかつて全国ワースト1の汚染で悪名をはせた手賀沼がいかに再生しつつあるか又どのような施策で改善してきたのか、利根川、印旛沼はどのような関わりをもっているのかなどを参加者の皆様に勉強して頂き、サイクリストの視線での環境問題を身をもって体験して頂くことです。
従ってこの大会は着順を競うのではなく、ただ単に87kmをサイクリングするだけでもなく、2カ所のチェックポイントである山田休憩所と北千葉導水ビジターセンターで環境学習をして頂きます。

NPO法人とんぼエコオフィスでは、本企画に賛同し、開催主旨である手賀沼・利根川・印旛沼の環境を参加者にアピールしました。

Tuinreikus1_1 Tuinreikus2_2

Tuinreikus3_1 Tuinreikus4_1                           

                         

Tuinreikus5_1 Tuinreikus6_1

2007-01-09 in 環境学習・総合学習 | Permalink