千葉県八日市場市飯塚沼農村公園

八日市場市ビオトープ工事の特徴

堰を使い、2系等の水路への水流を8対2に調節した。特にコンクリート水路の流れをゆっくりとさせ、生物への負荷を減らした。
コンクリート水路にはオオフサモを敷き、せせらぎ水路にはセリを敷き、植物と微生物による水質浄化を狙った。
ビオトープ水路は、水流が滞っていたので、刈り取りと浚渫で、水路を確保し、よどみを無くした。
ビオトープ水路の終末にあるやや深さのある水辺に、循環流を起こす機器バイオファンを置き、グラフのとおり短期で改善が見られた。上流までポンプで循環させ、希釈水として、ビオトープ水路の水質改善を狙う。

yokaichiba01
公園の水辺空間におけるビオトープ改善事例
(上の画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。)

youkaitiba_gurafu
平成16年度飯塚沼農村公園水質
BOD・COD・全窒素(5月30日バイオファン設置)

2004-08-21 in ビオトープ | Permalink

ビオトープを作ろう!!

水辺空間にビオトープを創造する技術支援いたします。

ビオトープ=「本来の生態系が保たれた空間」を地域に創造していく方々を技術支援いたします。
ビオトープ(Biotop)と、はもともとギリシャ語で『bio=生き物 + top=住むところ』と言う意味です。具体的には、建物の屋上に作られた緑地/自然回復がすすんだ河川 /ヤブや立ち木が残された畑/生態系を考慮して作られた学校の庭、沼地/自然の生態系を大切にする自宅の庭や市民農園等々です。とりわけ、都市化された地域においては、オアシススポットとなるビオトープを、もっともっと増やしていきましょう。

ビオトープ創造作業は、地域の土木工事業者さんや市民のボランタリーなパワーで進行させます。街は市民の手でつくっていくものだからです。

地域にある資材や技術・労務を提供しあい、ビオトープ設置をイベントとして取り組めるような支援を行います。具体的には以下のサービスを提供します。

1.ビオトープを作るための実施計画図作成する
2.手配する材料や機械、技術者、スタッフ計画を示す
3.作業スケジュールとスタッフ管理を行う
4.現場管理と技術指導を行う
5.実施後の年間定期的メンテナンスを行う
6.完成イベントの企画・運営

同時に、ホタル飼育小屋設置動植物セルフガイドシステム池・水路の活性化事業等との組み合せを推奨しています。

足立区第14中学校のコンクリート観察池を 生徒たちとビオトープに変える
2004年3月実施

船橋市法典東小学校で製作した間仕切りビオトープ
2001年

2004-08-21 in ビオトープ | Permalink