« 【全国都市再生モデル調査事業№4】災害対策川の水ろ過 | メイン | 手賀沼・印旛沼サイクリングにて水辺環境をアッピール 2006/12/03 »

【全国都市再生モデル調査事業№5】汚泥と水草の堆肥化実験

上流部生活排水流入池の汚泥と長津川調節池のヨシを堆肥に変える。

海老川源流部は隣接する住宅排水路でもある。船橋市が平成12年よりビオトープ型浄化施設を設置してきた。ここで流入水BOD25mgをBOD10mg以下に落として下流に流している。その結果、この金杉第一調整池には大量の汚泥が累積している。この汚泥も浚渫計画が考えられている。一方、ここの極めて有機物混入量の多い汚泥の活用は、固化よりも堆肥化が適していると考え、実践してみる。(技術協力:㈱あぐりす

C1odei C2yosi

C3yosihasai C4tanekin

C51hakkoki C52

C6dekiagari

2007-01-05 in 池・沼の水質改善 | Permalink