« 【全国都市再生モデル調査事業№3】底泥固化覆土作戦 | メイン | 【全国都市再生モデル調査事業№5】汚泥と水草の堆肥化実験 »

【全国都市再生モデル調査事業№4】災害対策川の水ろ過

災害時に生活用水を確保するために 川と池の水をバネ式フィルターでろ過実験

千葉市の㈱モノベエンジニアリングが所有する技術バネ式ろ過フィルター「MAXフィルター」を用いて、生活排水で汚濁している『長津川の水』と、その水を浄化施設で処理した処理水が流れ込む『長津川調節池の水』の2種類をろ過して見せた。

本実験はデモンストレーションとして実施しましたが、本実験はこの2種類の水を1週間ホットカーペットに包んで温め、夏の水質と同様に微生物や細菌を増殖させた試料を用いて、㈱モノベエンジニアリングの実験室にて実施しました。ろ過後の水質は検査機関にて井戸水相当項目を検査しています。

B1saisuikawa B2kawanomizu

B3banefiruta B52rokazengo

バネ式フィルター↑            ろ過後左 と ろ過前右

B4ikeroka B51kawaroka

池の水ろ過中↑             川の水ろ過中↑

B6monobesyatyo B7setumei

物部社長↑                

                

2007-01-05 in 池・沼の水質改善 | Permalink