« 県立行田公園 ハーブの花壇 | メイン | 環境学習や総合学習のお手伝い »

淡水魚養殖実験

鈴身第一調整池で
「技術複合システムによる、
生活雑排水流入池での浄化および淡水魚養殖実験」

(平成14年度千葉県NPO活動提案募集委託事業)

千葉県が実施した平成14年度NPO活動提案募集に応募し、公開プレゼンテーションと最終審査を経て選出された事業。 (応募総数54団体のうち、4団体が選出された。) 船橋市鈴身町の調整池に省エネ型排水浄化機器バイオファンを3基を設置し、ファンの旋回で水を攪拌し低層の水を表層に導き殺菌。 同時に、上にはセリ等の植物、下には炭素繊維をセットした花イカダ6基を設置。 植物プランクトン→動物プランクトン→魚の餌という食物連鎖(生物連鎖)を確保 最終的には淡水魚の養殖が可能な水質を目指した。 水の透明度が上がり、手長エビやモツゴなどの生息も確認されていたが、 2003年2月半ばに調整池に油が流入し、魚や野鳥に被害が出てしまった。 3月末に県の委託事業は終了した。 このまま浄化を継続したいが、行政側の予算措置は非常に厳しい。

●少し春めいてきた3月のすずみ。作業はボートに乗って行います。

suishitu_suzumi1

suishitu_suzumi2

●真冬の鈴身第一調整池。斜面にはうっすらと雪が残っています。
(2002年12月12日撮影)

suishitu_suzumi3

●初冬のある日、バイオファンの上にサギが何時間もとまっていました。水流にのって、水底から上がってくるエサを狙っていたようです。

suishitu_suzumi4

●上にはオオフサモ、下にはカーボン繊維をセットした「花イカダ」。11月に、6基、設置しました。

suishitu_suzumi5

●鈴身第一調整池全景(船橋市鈴身町)

suishitu_suzumi6

●9月20日、「バイオファン」3基を設置

suishitu_suzumi7

●設置されたバイオファン。ゆっくりと回っている。

suishitu_suzumi8

●9月20日には報道各社の取材を受け、新しい浄化方法として毎日新聞・読売新聞・東京新聞・千葉日報で紹介されました。

suishitu_suzumi9

2004-08-31 in 池・沼の水質改善 | Permalink