福島の子供たち冬休み疎開受け入れ家庭募集

  • 目的:放射線量の高い福島の子供たちが、外で十分に遊べる環境を一定期間提供する。
    時期:H24年12/24(月)~12/27(木)予定
    受入れ児童:小学校3年生~中学生
    受入れ人数:20名 受け入れ家庭数2名ずつ10世 帯
    受け入れ方法:1家庭で子供2名ずつを受け入れて、普通の日常生活を送っていただく。
    福島との移動費用・期間中の日中活動は当団体が負担 します。滞在中の生活費は受け入れ家庭にご負担をお願いします。
    問い合わせ先:印旛・手賀沼環境あっぷ協議会
    047-445-5780
    メール inba-tega@inbanuma.jp

放射線量測定器を入手しました。一緒に測りましょう。

  • 通常は初富交差点にある岩波初美事務所にて測定を行い、市内循環測定日を決めて移動測定をします。
    測定結果は、岩波はつみ公式サイト・ブログと前田ビル前に貼り出してお知らせします。
    測定開始を6月より予定しています。
    定期循環測定に参加いただける方、お声をかけてください。
    047-442-1156

メイン | 被災地の状況から見えること~自治体の意思が切り札~ »

2011/05/28

コメント

渡辺 千里

5月21日土曜日の午後、市役所近くのココスで仲間につられて飲んでしまい、車を置いて帰る途中に、ザ・プライスの前で大根3本を50円で買い、1時間も歩いて家に帰りました。

そのとき、これは岩波さんのチャリティだと気付きました。そして今日、地域新聞に入っていたニュースレターを見ました。今回の市議選も立派でしたが、3年後を見据えての勉強と聞きました。
被災地への支援に自ら乗り込んだのは偉い。ぜひ、頑張って下さい。

この記事へのコメントは終了しました。